reputation management companies

子供の医療保険

子供の特定疾患を対象とした医療保険も販売されています。他にも加入できる年齢に上限を定めることでも、保険料を抑えることが可能になります。定期保険の形をとることによってのメリットは、保険料を抑えることができる、と言うことです。この医療保険はあくまでも子供を対象とした医療保険ですので、定期保険タイプのものも少なくありません。

特に少子化の影響で、子供一人にかけるお金は逆に増えてきている現状では必要不可欠の保険となりつつあります。具体的に例を挙げるならば、小児癌やI型糖尿病など、子供特有の難病、移植手術などです。また、運動不足や食生活の変化で骨が弱くなったり、成人病にかかる子供も増えてきています。

子供向けの医療保険ならではの特徴とは何でしょう。昔と比べると、現代の子供は、身体は大きいものの体力的にはかなり劣っているということが問題になっています。また、最近の子供向けの医療保険の中には、顧客のニーズに対応して特約として、いわゆる学資保険をつけられるものもあります。

外科的に言えば、重い火傷、骨折の治療や手術などが該当します。このため、子供向けの医療保険は、成人向けの保険と比較すると、保険料が安いのです。それは子供の罹患率が高い難病や、負いやすい負傷についての保険の充実である、と言えるでしょう。


女性のための保険

医療保険の中には女性のための保険があります。このような女性特有の疾患に対しての保障を第一に扱っているのが、女性の為の医療保険なのです。このような社会状況で、女性専用の医療保険が生まれてくることは必然だ、と言えるでしょう。

従来は、配偶者の医療保険を家族型にして、妻の保険をカバーすることが多かったのですが、女性特有の疾患が色々あることに加えて、従来の家族型だと給付される金額が6割程度に抑えられていました。女性特有の疾患とは主に生殖器系の疾患です。この罹患率は男性と比較するとかなり高いものになっています。

妊娠中には妊娠中毒症や、切迫流産などの入院も考えられ、妊娠によって身体的にリスクを負うことも少なくありません。しかし近年女性の社会進出と伴に、自立する女性も増加し、中には結婚というライフスタイルを選択しない女性も出てきています。これは何と言っても女性特有の疾患に対する保障を徹底的に充実させた保険です。

例をあげれば、子宮がん、乳がん、子宮筋腫、さらに妊娠・出産に伴う流産や子宮外妊娠、治療の為の帝王切開などがあります。さらに離婚率の急増によって、家族型という医療保険では対応できなくなっていることも現実です。では女性の為の医療保険とはどんな物なのか、みていこうと思います。


ガン患者が増えている原因

ガン患者が増えている原因としてライフスタイルの変化や、食生活の欧米化などが考えられています。またその間の経済的なマイナスも大きなものとなるでしょう。医療保険自体も、長く生命保険の特約という形が多かったのですが、時代と伴に医療保険が単独の保険として販売され、その中でも特にニーズの高いガン対応の保険が、ガン保険として独立しました。

ガン保険は医療保険の中でも、ガン疾患を特別に保障することで、普通の医療保険と同額の保険料であっても、より大きな保障を受けることができるように考えられた医療保険なのです。最近は早期発見や、医学の進歩によって治癒率も高まっている為、ガンに罹患しても命を取り留める人も増えて来ています。それを少しでも解消するものがガン保険だと言えます。

増え続けるガン患者や、その家族の為の医療保険がガン保険なのです。ガンの治療には一般的に、手術や放射線治療、抗ガン剤など用いられますが、いずれの治療方も高額な治療代と入院費がかかります。それを考慮するとガンにかかる人の割合はさらに高い数値をはじき出すことになります。

現在日本人の死因の中でも、ガンはおよそ3割を占めています。以前までガン保険は、生命保険の特約として扱われていました。つまり10人のうち3人はガンで亡くなっていることになります。


特約でガン保険

医療保険に特約でガン保険をつけるのか、ガン保険に特約として医療保険をつけるのか、あるいは単独で医療保険とガン保険と言う、2つの保険の契約をするのかを選択することになります。一方を特約にする場合、どちらをメインの契約にするのかで、契約の形態が変わって来ます。

よく知られている一般的な医療保険に、ガン特約を付けておけば、ガンによる入院、手術、さまざまな治療、また退院した後の通院治療などを保障してくれますし、万が一不幸にも亡くなってしまった場合の死亡保障も受けられます。また、ガン保険であっても、医療保障を特約として契約しておけば、ガン以外の他の病気で入院した場合にも、ガンの時のように満額ではありませんが、入院時の給付金を受け取ることも可能です。

一度契約してしまうと、簡単に入りなおすことができないものですので、良く考えて選ぶようにしましょう。細かい保障を求めるのならば、別々に2つの保険に入ることが望ましいのですが、基本的には、どちらの保険も医療保険であり、医療費の負担を軽減するものであることには、変わりがありません。

ガン保険に加入する場合、単独で契約するのか、医療保険の特約として契約するのか、よく考える必要があります。


特約保険を独立

もしも経済的に余裕があるのならば、医療保険とは別に、特約保険を独立させて個別に2つの保険に加入した方が、細部にまでこだわった契約が可能になるため、最善の方法であると言えるでしょう。その場合どちらを特約にするのか決定するのは、医療保険に対するニーズによるでしょう。

大抵の場合、特約にした方の保険には、保障内容や保障金額に制限が加えられてきますので、自分にとって重要なのは、どの保障なのかを熟考した上で、メインの契約と特約とを決定して下さい。しかしこういったユーザーは、極一部の限られた層になってしまい、大抵の人は2つの契約を交わすことは厳しいのが現実です。

肉体を使う仕事に従事していて、ケガをする可能性が高ければ、医療保険の中でも、外科的傷害に対しての保証を十分に行った上で、特約としてガン保険をつけることをお奨めします。。

医療保険は簡単に入りなおすことができるものではありません。例えば身内にガン疾患の方が多く、自身もガンが不安だと感じているならば、ガン保険を契約してガンに対して充実した保障を組み立ててから、医療保険を特約でつければいいですし、心臓疾患などが心配ならば、医療保険にガン特約をつけることができます。




安心できる医療保険

安心できる医療保険を求めるならばやはり、付属的に「特約」というスタイルを選ばずに、医療保険に関しては単独での契約をお奨めします。つまり医療保険自体が特約であったことが多く、そのため、その医療保険につけることができる特約は、それほど多くはありませんでした。次は保険金の払い込みの期間なのですが、契約の時点で十分に確認しておかなければ、主契約の払い込み終了時に、高額の特約の払い込みの請求が、まとめてきてしまう、というケースもあります。

従来、生命保険や養老保険のように、死亡時や老後保証のための保険に、特約として医療保険のような保障をつけていました。まず一つめは、主契約あっての特約保障だ、と言うことです。また、あくまでも特約ですので、一概には言えないのですが、保障内容や、種類に満足ができる、とも言い切れません。

主契約の契約が満期となって終了した瞬間に、特約保障も終了してしまうのです。このように医療保険を生命保険などの特約にしてしまうと、主契約の契約終了と同時に、医療保障も受けられなくなってしまうのです。

代表的な特約の例として、死亡保障にガン特約や、入院特約、さらに傷害特約をつける、と言うものがあります。しかし、特約保障には、注意しなければならないことがいくつかあります。


<

被保険者の負担額

ところで被保険者の負担額ですが、公的医療保険である健康保険が2~3割、介護保険は1割、と定められています。これに対して介護保険は被保険者が、公的機関によって、要介護者認定を受けて初めて加入できる保険です。これについては、近年虚偽の申告をして、介護保険を不正に受け取っていた人物がいたとして、マスコミで取り上げられていたので、ご記憶されている方も多いと思います。

保険の中でも介護保険という保険は、契約者が若年層の場合、あまり意識されない保険でしょう。しかし、社会全体の高齢化が進んできた日本では、介護は、大変身近な問題となっており、医療保険と伴に介護保険も注目されつつあります。このように医療保険と介護保険は「似て非なるもの」なのですが、根本的な性質は「非にして似たるもの」だと言えるでしょう。

介護保険も医療保険も、病気やけがで入院や手術を行った場合の、経済的な負担を少しでも軽くしようとして生まれたもの、と言う点では同じです。そしてその要介護者が、介護サービスを利用しようとする時に、その料金の一部を、国や自治体が負担するという保険なのです。もちろん認定された要介護度によって、提供されるサービスは変わってきます。

介護は一種の医療行為ですから、介護保険も医療保険の1つではないか、と考える人も少なくないと思います。しかし医療保 険は、民間保険は自分の意志で加入し、公的保険は国民がいわば強制的に加入させられるものです。 ですので、これを無理に払わない、ということは不可能、ということになってくるのです。義務になりますので当然ですね。